新人!モチベーションの保ち方!

営業のコツ

河合商事の柴です!

 

サービス業、営業、はたまた配達業など、

一見、バラバラの職業を経験している私ですが、

さまざまな職業をしたからこそ、

 

新人として何をすべきなのか、どういったことに注意すべきなのか。

 

人一倍、学んだと思っています!

その経験から、まずすべきことは何か。

今回は、新人としてどう言った気持ちで仕事に取り組むべきか。

これについて噛み砕いていきましょう!

 

 

モチベーションを下げないということ

何度もお話しに出てきているのですが、

仕事には、自分の情緒が非常に影響するものです。

 

気持ちが下がっていると、仕事に集中できない。

気持ちが上がっていると、仕事に前向きに取り組める。

 

などなど、気持ちに左右されがちです。

気持ちというのは、非常に大事にしなければならないということが言えます。

 

仕事に対する気持ち

 

つまりモチベーションをいかに保つかが鍵となります。

 

では実際にどのようにモチベーションを保つようにするか。

仕事に対し、結果を求めすぎない

その仕事内容が初めての経験であることが多いと思います。

もしくは経験者であるけど、職場など環境が変わっていたりなど、

自分にとって慣れない場所、仕事内容では結果はすぐに出るものではありません。

 

結果はすぐに出ない。

 

これをいかに理解するかが大切だと考えます。

 

わからないことを見つける努力をする

初めて経験する仕事です。

わからないことが沢山でてくると思います。

言ってしまえば、わからないことがわからない、ということになることもあります。

 

現状の自分は何を理解していないのか、

上司の話していることをどこまで理解しているのか。

 

これが意外と難しいところ。

私は意識していたことは、わからないことをいかに言語化できるか。

言語化することで、自分が理解しているところの範囲を決めると

理解しやすくなると思います。

 

上司の伝えたいこと、ここまでは理解できた。

 

と思うことが大切で、

では、ここはどういった意味なのだろうか。ここをより具体的に聞こう。

と、自分で範囲を決め、確実に答えてもらえるようにすることが、

自分も上司も指示がしやすい環境下にできると考えます。

 

指示や、教えて頂いていること、

などなど、言語化する癖をつけるといいかもしれません。

 

もちろん、指示や教えて頂いている中で、

「察せ」

というようなこともあると思います。

ただ、この「察せ」というのは、

今までその経験があった人のみにしかできないことです。

全く未経験の人が理解できるわけがないです。

なので、わからないことを放置せず、

次回自分が他の人に伝えれるまで、理解できることを目標に、

一つずつ解決していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました