話すということ

営業のコツ

河合商事の柴です!

 

前回は「聞くということ」に注目いたしましたが、

今回は「話すということ」に注目していきたいと思います。

 

コミュニケーションは、話す人と聞く人の双方性で成り立つと考えます。

より「いい聞く人」になるには、姿勢や表情、また話の内容の読解力が非常に大事とされます。

 

では、話す人がより「いい話す人」になるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

まずは、

 

・分かりやすく伝えるということ

 

みなさんは、話す時にどんなことに注意して話をしていますか?

 

いざ、言われると普段の生活の中で、なかなか意識したことなんてあまりないですよね〜

 

私も同じくです。笑

 

ただ、会話の最中によく話の内容が分からなくなる経験はあるのではないのでしょうか?

 

あれが話したい!

これも話したい!

 

など、話したいことを優先しすぎて、文章めちゃくちゃなんてことは頻繁に起こります。

 

そんな方に特徴的なことは

・主語がない

・内容がまとまっていない

・結果が分かりくい

 

などの特徴が挙げられると思います。

 

逆を言えば、ここだけ直せば話の内容がまとまって

すごく聞きやすいい話の内容になるのではないでしょうか!

 

主語があることで、「誰が」、「何が」がはっきりすると

話の流れも非常に分かりやすくなります。

 

次に、話す内容をいかにまとめるかがポイントになります。

 

話題を一つに集中すること。

話題が終わるまで別の話題を出さないようにすることを意識するだけで、話の内容がスッキリすると思います!

 

最後に、話の結果をちゃんと伝えるということですね!

 

オチがない。。。

なんて言われたことありませんか?

 

オチはないことないんです。

自分はこう思った!こういうことが起きた!

など、しっかりと伝えることが大事です。

 

この話をすると、相手にどんな反応をするのか。

どんな気持ちをシェアしたいのか。

 

このようなことを意識するだけでも、違いが出る思います!

 

話す人がより「いい話す人」になるには、

少なからず、相手のことを思って話すことができているか

が、大事になっていくと考えています。

 

聞く人の姿勢も大事かもしれませんが、

発信源となる話す人の姿勢も大事になるということが言えます。

 

意識次第と言えば、そこまで。

 

自分がいかに相手のことを思って話すことを意識するか。

それは会話、表情を通じて相手に伝わります。

 

会話の中で、自分が意識すること。

今一度、確かめて見るのもいいかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました