育成の難しさ【営業マンの育成とは】

未分類

河合商事の柴です!

最近お客様とお打ち合わせをする機会が多くなり、

ますます営業マンとして磨きがかかる毎日を過ごしております。

お客様と話す中で、よく話題になるのが、

 

「営業マンの育成」

 

これが大変難しいというお話を聞いております。

自分自身、営業に携わる身として

営業の難しさはひしひしと感じているのですが、、、

 

前回、教える側、教えられる側についてお話させて頂きましたので、

ここでは、育成についてもう少し深掘りさせていただければと思います!

 

育成とは

育成とは、立派に育てあげることを指します。

将来的に独り立ちしても問題がないように、仕立てる過程が育成にあたると考えております。

 

例えば、

営業マンとして最終目標は「結果を出す」というのは重要になると思います。

その目標を達成するまで、初歩的なビジネスマナーであったり、

商談のやり方であったり、

さまざまな業務をマスターをすることが必須になると思われます。

 

「営業マンとして育成する」となると、

この目標まで育て、立派に自立させることを

育成というのではないでしょうか。

 

育成の中で起こる問題

育成にも人それぞれに教え方が存在すると思っておりまして、、、

 

ただ、教えるというのは非常に体力を使うものだと思っております。

 

教える側として、

自分の時間を削って育成に時間を使っており、

教える側にとっては大変負担が大きいことではないでしょうか。

 

しかし、教えられる側が業務に対し意欲が感じられなかったり、

結果に無関心であったりすると、

育成に対し、嫌悪感を抱いてしまうかもしれません。

 

教える側から見込みがないという判断された場合、

それ以上の関係の構築が難しくなるのではないのでしょうか。

育成するということは、実に大変なことだと認識する必要がありますね。

 

ただ、教えられる側の立場としても意欲を維持することも大変なことだと考えられます。

仕事でミスや結果が出ないとモチベーションは下がってしまいます。

自分ペースをまずは認識し、上司や先輩に頼れるところは頼るというのを心掛けましょう。

 

 

教える側もただ教えているわけでないと思います。

どちらの気持ちも尊重しあった時に、大きな目標を達成することができるかもしれませんね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました