グレードアップ

未分類

グレードアップとは、わくわくとドキドキの連続だと日々感じております。

短期インターンシップに登場しておりました、花です。この度、長期インターンシップをさせていただくことになりました。

さて、グレードアップといいますと?、、                           既存のものをパワーアップさせること、いわば、「進化」や「成長」でございますが、     進化を感じられる環境というものは非常にありがたいものです。

プロのアポイント業務の一部に携わること、はや1か月。パソコン操作から始まったインターンシップは、まだまだ覚えることや学ぶことが日々増えていきます。パソコンとは大学生活を通して、それなりに親しくなった間柄だと思っておりましたが気のせいでした(笑)            このインターンシップでは、一刻も早くパソコンと友人になれるよう励もうと思っております。

しかし、この長期インターンシップ、                           学びの”核”とはパソコン操作でも、プロのアポイントを学ぶことでも決してない。

なぜ言い切れるのかといいますと、1か月間の私自身の成長にその根拠が隠されています。    それは以外にも、インターンシップ業務ではない場所で発見できました。           この1か月、数社の企業説明会を受けたのですが、説明内容の”理解度”に大きな変化がありました。これまで「赤の他人」のような冷たい顔でこちらを睨んでいた説明会が、徐々に「知り合い」となり、最近では「親戚」のような親しみやすい顔でこちらを見つめだしたのです。これは、「何のためにその業務が存在するのか」にフォーカスする大切さをインプットした1か月が、自身の糧として消化されアウトプットできている証拠であると実感しました。

よって、この長期インターンシップ、                           学びの”核”とは本質や意味を問うこと、そして理解することだと私は定義します。

河合商事合同会社インターンシップの門は開かれたばかりです。門の先は、長い階段が続いています。決して簡単に頂上が見える階段ではないですが、社員の方々や私以外のインターンシップ生のおかげで、1段ずつ確実に上ることができます。

自分自身のグレードアップには、喜びと少しの緊張に日々胸が躍ります。

いつか私のグレードアップが、会社全体のグレードアップにつながりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました