1ヶ月前の私と1ヶ月後の私。

日常思う事

河合商事の柴です!

 

河合商事の務め1ヶ月が経ちました。

右も左も、加え上も下も分からなかった私ですが、

なんとか1ヶ月のいう期間の過ごすことができました。

 

実感としては、非常に濃い1ヶ月だったと思うのですが、

できることはまだまだ1にも満たないような感じです。

 

現在、秘書コンシェルジュという立場で

河合商事に全力で取り組んでいますが、

名に恥じることが多くてまだ自信を持って名乗ることはできないです。

ただ、自信があるようには見せる努力はしていると感じでしょうか!

 

仕事とただの「仕事」と思い、

取り組んでいたなぁと思う毎日です。

そんな私を、社長含めスタッフ全員が

ただの「仕事」を、意味ある「仕事」に変えて下さっています。

 

ある意味、「一本道」を歩んでいる私を、

様々な道を用意してくれて、そして先の先を走っているスタッフの後ろ姿

を見るばかり。

とても悔しく思う中、やはり尊敬もしています。

 

・一つ一つの業務に取り組む姿勢

・会社に対する姿勢

・いかに環境を良くするかのアイデア

 

どれをとっても必要不可欠。

ただ、それを考えるというのは非常にパワーを使うことだと思います。

 

勤務時間内だけでは決して足りない、時間だと。

むしろ勤務時間内で気づいたことを、

常に考え、そして実行する。

 

これってとても簡単なことではないですよね。

それが、日々の「仕事」に影響する。

 

恥ずかしながら、分かっていたつもりになっていました。

 

「知っている」

より、

「分かる」

より、

「理解」

そして

「実行」

 

河合商事に務めて、この

「知る」、「分かる」、「理解」

の違いの大きさは、私に非常に大きい影響を与えてくれました。

 

そして2ヶ月目に突入する私の目標となりました。

低い目標かもしれませんが、この低い目標の積み重ねを

しっかり大事にしていきたいと考えております。

 

「環境をよくする」というのは、

自社だけでなく、

クライアント様のインサイドセールスにも大切になると思います。

支援業者にとって、

クライアント様では気づけないところを探す。

そして、「気づけない」ということに

「重み」をつける。

 

「重み」というのは、

 

・なぜそこに気づいたのか

・それのメリットとデメリット

・「気づき」に対する行動、実績

 

これは支援業者にしかできないことだと思います。

いかに第三者目線で見える「気づき」を具現化するか。

 

なかなか、自社にいると固定概念があるゆえに

気づけず、難しいことだと思います。

 

日頃、「常に考える」という癖づけは、

こういう場面にも、必ず強みが出ることだと思います。

いかに、これを身につけるかが、

私の踏ん張りといったとこでしょうか!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました