成功体験でモチベーションを維持

テレアポのコツ

こんにちは。河合商事のアポインター、平山です。

私と同じく「アポインター」をしている多くの方が感じたことがあるであろう、

 

「この仕事、辛い」

 

という想い。

中には離職しました、と言う方もいるかもしれません。

「テレアポ」がなぜ辛くてキツイ仕事として語られ続けているのか。

その理由を解き明かしました!

 

この原因がわかって以来、私は仕事に「苦痛」を感じることなく、むしろ楽しんでお仕事をしています。

同じ業界に携わっておられる皆さんの、モチベーションが変わるきっかけにして頂ければ幸いです。

ぜひ最後まで読んでくださいね♪

 

テレアポは、圧倒的に「成功体験が少ない」

テレアポと言うお仕事は、「成功体験」というものが非常に少ないものだと思っています。

アポイントを獲得すれば、それは「成功体験」なはず・・・ですよね?

それなのに、なぜこんなに達成感を感じていないのでしょうか?

ズバリ!それは、

 

「結果を見ずに役目が終わる」

 

と言うことに原因があると思います。

「あの時のお客様は、あれから一体どうなったのだろう・・・?」

アポイントを獲得し、クライアントに納品し終えた後も、このことが脳裏をよぎります。

それは私たちが、「途中経過」しか見ることが出来ないからだと思うのです。

 

「クライアントとの商談で契約決まったよ!」

 

 

と言うお話は、極一部を除いては、アポインターが知り得ることはありません。

私たちのお仕事は、「契約に至るまでの商談の機会」という大きな流れの中の中間地点。

バトンを渡せば、そこから先は未知の領域なのです。

その結果、「正解が見出せず、達成感を得にくい」という事に原因があると思われます。

 

テレアポとは「断られる前提で掛けている」

「正解が見出せない」

 

これは仕事をしていくうえで、心に大きな負担を抱えることになります。

「テレアポ」をしていて「方向性が定まらない」という事は、自分の仕事に自信が持てず、無駄に悩み迷います。

結果、自信のあるトークができず、ますます負のループにはまり込んでしまうのです。

そうなる前に、まずテレアポとは「断られる前提で掛けている」ということに気付きましょう。

 

相手の「営業時間中」を狙って電話をしているという事

「テレアポ」は、「相手の営業時間を利用」して電話を掛けるしか手段がありません。

架電先の方は、必ず何らかの作業をしています。

私たちの電話が歓迎されるということは、残念ながらほぼありません。

お客様
お客様

「今忙しい!」

そう言われるのが、「普通のことなのだ」という事実をしっかり受け入れましょう。

 

「会話が出来た」それこそが「成功体験」

「断られて当たり前」の営業電話。たとえ不在でも、

 

・担当者の名前が聞き出せた

・在籍する時間帯が聞けた。

・担当者直通番号が聞けた。

 

運よく担当者に繋がり、会話ができることも数多くありますよね。

 

・興味をもってもらえ、資料送付となった。

・「なぜいらないのか?」ヒアリングできた。

・別の商材に興味を持ってもらえた。

 

これらはすべて、アポインターの成功体験だと思っております。

 

「お客様と会話が出来た」、その情報はすべてが貴重な財産

顧客の生の声は、企業には届きにくいもの。だからこそ、企業が欲しがる情報です。

私たちが会話をすることで得た情報は、必ずどこかで必要とされ役に立っています。

アポインターの皆さんは、もっと自己肯定力を高く持ち、

自分の仕事に自信をもって、胸を張りましょう。

 

まとめ:成功体験を繰り返すことで仕事が好きになる

このように「会話が出来た」「お名前が聞けた」その一つ一つを「成果物」として考えると、

とても前向きな気持ちになりませんか?

一日に、何度も「これが出来た」とクリアすることを続けることで、

大きな自信に繋がります。

会話を重ねるごとに、自分の武器も同じ数だけ増え、力となります。

いつの間にか、「自分専用のマニュアル」が出来るのです。

お客様に対して「ではこう言ったご提案はどうでしょう?」と言うように、

イレギュラーにも怯まない何通りものトークが出来るようになって、

「断られるのが当たり前」のアナタではなくなっているはずです♪

明日からの「会話」をぜひ楽しんでくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました