テレアポにおいて「適切なタイミングの重要性」

マーケティング

こんにちは。河合商事のアポインター、平山です。

皆さんは「モノが売れない時代」というフレーズを耳にしたことがありますか?

まさに、今、消費者のニーズや市場が多様化したことによって、

「モノが売れない時代」なんですね。

 

「え?!そんなことないでしょ?」

「ネットでも何でも、買い物する人であふれてるじゃん」

 

そう思う人もいるかもしれませんね。

わかりやすく言うと、

 

需要に対して、供給の方が多い為に「必要とされていない商品」が市場に出まわっている。

 

その結果「売れないものが多い」という事です。

マーケティングの重要性

 

先程お伝えしたように、市場には「必要とされていない商品」が数多くあります。

なぜこのように「売れない商品」が市場に出まわってしまうのでしょう?

本来、企業は、

消費者からニーズがある物を、製造販売する。

消費者は、

自分のニーズに合致した商品、サービスを選ぶ

ここの部分が=(イコール)になってこそ「物が売れるしくみ」につながる訳です。

しかし不思議なことに、イコールではないことが少なくないのです。

だからこそ、「マーケティングの重要性」が謳われるわけですね。

 

マーケティングでわかる三つの要素

マーケティングの役割とは一体何でしょう?

企業の視点でのマーケティングの役割は 「顧客に購入してもらえる仕組み」 といえます。

顧客の視点では 「自分のニーズに合致した商品(製品)・サービスへと導いてくれる仕組み」といえます。

マーケティングの役割は、両者のニーズが限りなく近づける

 

「双方にとってWIN WINな関係になるための仕組み作り」

 

と考えることができます。

マーケティングでわかることは大きく分けて、

 

・何を

・誰に

・どんな宣伝方法

 

という「戦略」を企てるのに重要な3つの要素を知ることが出来ます。

 

テレアポと、マーケティングの関係性

マーケティングは時代によって変化する市場に合わせて「トレンド」が変わる物です。

今後も、新しい技術や生産体制の変化によってステージは移り変っていくものです。

テレアポにも実は「旬」があり、常に変化していくものなのです。

相手のニーズを知り、「適切なタイミング」で声をかけられるかどうかが、勝負の鍵をにぎっています。

そして、それが出来るかどうかは、アポインターの腕によるものではなく

 

「リストの設計」

 

これこそが最も重要なのです。

適切なリストの設計が出来てこそ、アポイントの量産に繋がるのです。

精度の高いリストを作る為にはマーケティングは欠かせません。

マーケティングとテレアポは、切っても切れない関係と言えます。

 

まとめ:アポイターの能力よりもリストの精度が称賛

常日頃から、アポインターとしてお客様と話すうえで、

「手応え」を感じるたびに思うことがあります。

これは、私だから取れたアポイントではなく、

「取らせて頂いたアポイントなんだ」という事です。

アポインターとして、ある程度の経験を積めば、スキル自体は ほぼ同じレベルと言えるでしょう。

誰が話しても、結果が出せる「ターゲットの絞り込みに成功したリスト」

それに合わせ様々な想定をし「計算されつくしたトークスクリプト。」

マーケティング無しに、この二つは作ることは出来ません。

これがなければ、どんな優秀なアポインターも活躍の場を失ってしまいます。

縁の下の力持ちの、大きな存在に改めて気付かされます。

足を向けては眠れませんね♪

「感謝の気持ちを伝えたい」そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました